読書×英語×旅で自己投資(※コンテンツは今後拡充します)

旅行写真をInstagramに投稿するメリットと方法

instagram旅行写真

旅先で撮った写真を一人で見ていて、物足りなさを感じませんか。不特定多数の人に見てもらうのも楽しいものです。

今回は、Instagramに投稿するメリットを整理した上で、私自身の投稿の方法例をご紹介します。

目次

旅行写真をInstagramに投稿するメリット

旅行の写真をネット上に公開してみましょう。そのプロセスを通じて、写真の整理、旅の記憶の整理ができます。また不特定多数の人と交流することで、新たな発見もあります。

旅行の写真の公開方法として、Instagramの他にも、ブログ、Twitter、旅行記の投稿サイトなどの方法もあります。

その中でも、Instagramは、次のとおり、旅行写真を投稿する上での使い勝手が良いため、おすすめです。

旅行写真の投稿でInstagramを使うメリット:

  • 写真の一覧性が良い。隙間なく並べられ、すぐに見られる。
  • 画像がメインのメディアのため、旅行写真との親和性が良い。(Twitter, ブログはテキスト中心)
  • 他に旅行好きのユーザと、「いいね」「フォロー」「コメント」などを通じた交流がしやすい
  • 他の人の写真を見て、旅先に関する情報収集もできる。
  • 旅先に関する説明文の追加・編集をしやすい。(Twitterのような文字数制限がない)
  • データサイズや表示速度を気にしなくてよい。(ブログでは、サイズが大きいと表示が遅くなる)

旅行写真のInstagramへの投稿の例

私は海外旅行の写真(たまに国内の写真)をInstagramに投稿しています。よろしければご覧ください。

Instagramはこちら ( @la_raya1 )

こんな感じで投稿しています。

  • 海外59カ国(+日本)の過去の写真から厳選。
  • 風景、建築、街並み、遺跡、鉄道が中心。
  • 不定期・ランダムな順序で月3回程度の投稿。
  • スマホ表示を意識して正方形でトリミング(構図・見栄えは意識してます)。
  • キャプションは英語+日本語。ハッシュタグで地名などを追記。

過去の旅行写真を発掘していると、どこの写真か分からないものも出てきます。それを「google画像検索」で調べなおすと、当時の記憶が蘇ってくることもあります。

過去の写真の多くは、カメラで撮影したものをPCにストックしてあります。PCからInstagramに投稿するには、下図のように、クリエイタースタジオを使うと便利です。スマホのアプリを経由せずに投稿できます。キャプションの文字入力は、スマホよりPCで書くほうが効率が良いです。

クリエイタースタジオの画面の一部

ちなみにTwitterと連動させて運用するのも面白いです。これは、一部の写真をTwitterで紹介したものです:

これまでに撮影した旅行の写真は2万枚以上はあるはずですが、投稿する候補は1000枚くらいかと思います。まだまだストックがあります。

今後も少しずつ投稿を続けるつもりです。ぜひフォローしていただければと思います。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる