「社会人の英語学習」と関連分野 ~ キャリアと海外渡航・旅

英語・読書・旅の相乗効果とキャリア追求

ゆるゆる国際教養ノート・英語・読書・旅の相乗効果

英語学習・読書・旅(海外渡航)は、有益な自己投資であり、キャリアや仕事にも役に立ちます。

しかし、単独の分野のみ、または複数をバラバラに取り組んでいませんか。

それはもったいないことだと私は考えています。

英語・読書・旅(海外渡航)の3者間には強い相乗効果があります。相互作用を意識して取り組むことをおすすめします。

私は、英語・読書・旅を長年続けて、キャリアにも活かしてきました。本記事では、この相乗効果の活かし方を紹介します。今後のキャリア形成に向けた自己投資の参考にしていただければ幸いです。

はじめに全体像を図で示します。

目次

英語学習・読書・旅の相乗効果

英語/読書/旅(海外渡航)の 3者の組み合わせで、以下の6とおりの相乗効果が得られます。

効果をMAXにするため、英語・読書・旅の3つに取り組むことをおすすめします。

どれか 1, 2 個しか興味がなかった人は、好奇心をもって、視野を広げてみてください。

英語 ⇔ 読書 のシナジー

読書 → 英語

読書から得た幅広い知識は、英語力の向上に役立ちます。

英語力の向上に必要なものとして、英語力以前に、論理的思考力、情報処理能力、文章や会話文の作成力、速読力、集中力などがあります。これらは読書を通じて得られます。また、英米文化知識、経済・社会など、英文理解に必要な背景知識も得られます。

英語 → 読書

英語ができれば、洋書が読めます。読書の幅が広がります。

洋書の原書こそ、著者の「生の言葉」が味わえます。翻訳書だと、翻訳者のフィルターを通して再構成された文章になってしまいます。そのため「原書は名著だが、日本語版は悪書」という例も多いです。原書の読書を増やすことをおすすめします。

読書 ⇔ 旅行 のシナジー

読書 → 旅行

読書をすれば、旅の予習ができます。旅をより楽しめます。

旅先に関する「古代~近現代の歴史」「産業」「文化や慣習」「自然や地形」などの予備知識があれば、何倍も知的好奇心が刺激され、旅が楽しくなります。旅に出る前に、旅先に関する本を読みましょう。

旅行 → 読書

旅に出れば、読書にプラスの作用があります。

旅という非日常の経験を通じて、視野が広がり、知的好奇心も刺激されます。読みたい本も増えます。また旅によって感受性や想像力も磨かれます。特に小説を読む時に、物語の世界をより深く想像し、共感できるようになります。

英語 ⇔ 旅行 のシナジー

英語 → 旅行

英語ができれば、旅行の経験の質を上げられます。

旅行前の調査や手配、旅行中の現地人との交流、トラブル対処などは、独力でできると旅の自由度・行動の幅が格段に増します。英語が使えれば、これらが可能になります。

旅行 → 英語

海外旅行は、英語力向上の有効な手段です。

海外に行けば、リアルな英会話の実戦訓練が可能です。また、自分の英語力の理想と現実のギャップを認識させられるため、英語を勉強するモチベーションが上がります。

キャリア・仕事への活用

上記の英語学習・読書・旅行(海外渡航)は、次のような形で、キャリア形成や仕事に大きく役立ちます。

英語 → 仕事

  • 英語ができれば、外国企業や外国人との協業など、仕事の選択肢が広がります。
  • 転職も含め、処遇の改善も期待できます。

読書 → 仕事

  • 読書を通じて、ビジネスや技術の知識が得られます。
  • 思考力・教養も身につくため、仕事の質も改善できます。

旅行 → 仕事

  • 海外旅行・渡航の経験を積めば、視野が広がり、異文化理解力が身につきます。
  • 海外出張や海外勤務に必要なスキルも習得できます。

まとめ

英語学習・読書・旅(海外渡航)の3者間には6とおりの相乗効果があり、全てキャリア・仕事にも活用できます。

読書→英語→旅→読書→ …のようにループ的な効果の拡大も期待できます。投資で、資産が複利で増えるイメージです。仕事やキャリアへの効果をMAXにするため、相互作用を意識することをおすすめします。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次