「社会人の英語学習」と関連分野 ~ キャリアと海外渡航・旅

The Economist誌は英文多読訓練のコスパ最強素材

economist

英語の読解力を伸ばすには、英文の多読訓練が不可欠です。その「英文の素材」は何が良いと思いますか?

私はこれまで様々な英文素材を試してきましたが、中級者以上の人なら、”The Economist” 誌がコスパの面でベストと考えています。その理由と、効果的な読み方についてまとめます。

目次

英語学習のための The Economist誌の利点

英語学習、とくに英文読解の素材として The Economist の利点を挙げると、次のとおりです。

  • 価格の割に分量が多い
  • 英文の質が良い。
  • 多様な著者による、幅広い分野の英文が読める。
  • 知的好奇心が刺激され、有益な知識も得られる。
  • 難度が適度に高く、負荷をかけて読解力を上げるのに適している。
  • 薄いため場所をとらない。

上記の利点を全て満たす英語のReadingの教材は、他にはなかなか見当たりません。

同類の雑誌としてTIME やNewsweekがありますが、見比べてみれば分かるとおり、文字の密度と分量が違います。TIME やNewsweekは、英文以外の写真などのコンテンツや余白が多いです。The Economistは、英文の文字がギッシリあります。

<洋書との違い>

洋書を読むことも有益な方法ではあります。当サイトでも洋書を読むことを強くおすすめしています。

しかし、洋書は通常、一人の著者が一つのテーマについて書いたものです。そのため、内容・語彙や、英文のスタイルに偏りが生じます。ずっと同じものを読んでいると、飽きてしまうリスクもあります。

これを解決するには、異なる分野・著者の複数の洋書を並行して読まなければなりません。負荷が大きすぎます。

一方、The Economist誌は、経済だけでなく、関連する幅広い分野の記事が読めます。記事の執筆者にも多様性があります。そのため多様なスタイルの英文に対する耐性が身につくはずです。飽きが来る心配もありません。

The Economist誌の読み方

The Economist誌は、難度がそこそこ高いです。私は英検1級を取得していますが、分からない単語がよく出てきます。しかし、必要に応じて辞書を引きながら根気強く読み進めれば、中級者でも十分理解できるはずです。

「難度の高い英文を読むクセをつける」と考えながら読むと良いです。慣れてくれば、他のほとんどの英文が簡単に感じられます。洋書もストレスなく読めるようになってきます。

読み方のポイントしては、「精読」と「速読」を併用すると英文読解力が上がる、と私は実感しています。

例えば、1つの記事について、まず「速読」で記事の概要と構成を大雑把に把握します。次に「精読」で文法や語彙の細部にも注意しながら読んで理解します。次に改めて「速読」をしてスラスラ読めることを確認するのです。

読み進めるペースとしては、1日1記事で十分効果があります。また、前日に読んだ記事を、翌日に復習として読むのも効果的です。理解があいまいだった部分を確認して、自分の語彙・語法の弱点を強化できます。

The Economist誌の購入・購読

The Economist誌は、大きめの書店で購入できる他、オンラインで単発の購入や定期購読の申込みも可能です。また、webでも読めますが、subscirbeが必要です。

The Economist誌 (→ Amazon)

web版 (→ 公式サイトsubscribe)

私はいまだに3~5年前のThe Economist誌を持っていて、読むこともありますが、やはり記事の内容の古さが気になります。

最新号を読む時のほうが、刺激も大きく、集中して読めるでしょう。

余談ですが、私は外国出張に行く際、空港の書店でよくThe Economist誌を買ってました。機内で読むためです。また出張先で時間に余裕ができたときにも読みます。薄くて嵩張らないので、持ち運びの負担にはなりません。

まだ読んだことがない人は、一度試してみることをおすすめします。

あわせて読みたい
初心者でも挫折しない洋書の選び方・おすすめの洋書 「洋書を読み始めたけれど、完読できず挫折した」という経験はありませんか。しかも何冊も繰り返してませんか。 私も何度か挫折した経験がありますが、今では選び方を工...
この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次