「社会人の英語学習」と関連分野 ~ キャリアと海外渡航・旅

オンライン英会話の教材は英文ニュース記事がベスト

オンライン英会話

オンライン英会話を使っていて、「英語力が伸びていない」「時間を無駄にしている」と感じることはありませんか。

この記事では、私が試行錯誤した経験に基づき、オンライン英会話の効果を最大化する方法についてご紹介します。

ポイントは、英文ニュース記事を活用して、自分の頭で考えながら話すことです。

これで「空回り」する感覚から解放されて、密度の濃いレッスンができるはずです。

目次

オンライン英会話の重要ポイント

オンライン英会話を続けていて効果を実感できない人は、方法に問題があるかもしれません。レッスンの方法を見直したほうが良いでしょう。

私も、オンライン英会話を始めた当初は、効果があるのか疑問でした。

いろんな手法を試すうちに、「自分で英語で考えながら話す時間を最大化すること」で効果が最大化できることに気づきました。

逆に、それ以外のこと、つまり、講師の発話を聞くことやテキスト音読は独学でできます。独学可能なことは、一人で長い時間をかけて集中的にやるのが最も効率的です。そのほうがコスパも良いです。

オンライン英会話では、独学ではできない「生身の外国人相手の実践的な会話・議論」に注力しましょう。

英文ニュース記事の活用の方法

英文ニュース記事を使うレッスン受講の流れ

「自分で考えながら話す」が大事だと気づいてから、どんな教材が最適か、探り続けました。

自分で話す内容を考えること、話題の方向性に幅を持たせることを考えると、英文のニュース記事を活用するのがベストだと考えるに至りました。

英文記事を使う際、私はいつも、レッスンで次のように進めています。これでスムーズにできます。

オンライン英会話での英文ニュース記事活用方法:

  1. 英文ニュース記事のURLをチャットで講師に送る。
  2. 記事の内容を自分で要約して説明する(音読はしない)。
  3. 記事の内容について講師と議論する。

オンライン英会話でフリートークは無駄が多い

上記のように進めれば、ほとんどの時間を「自分で英語で考えて、英語で話す」ことに使えます。無駄な時間を最小化できます。

フリートークのように、「何を話せば良いか?」を考えて時間を浪費することも防げます。

そもそも、フリートークで思いついたネタには、偏りが生じやすいです。そのため英会話の質の面でも、効果的ではありません。フリーよりも話題を限定したほうが、密度の濃い英会話ができるはずです。

英文ニュース記事の素材の活用方法の事例

DMM英会話 デイリーニュース」のようなサイトで関心ある記事を選べば、話すネタには困りません(フリーなので、どのオンライン英会話でも使用可)。

このサイトの場合、各記事の下のほうに、”Discussion”, “Further Discussion” として「議題」のネタが提示されています。「これを見ながら議論したい」と講師に言えば良いのです。それでもう、「何を話したらよいか分からない」と迷う必要はありません。フリートークのネタ探しの心配も要りません。その分「自分の考えを英語で話すこと」に集中できるのです。

DMM英会話DAILY NEWS
DMM英会話 DAILY NEWSより抜粋

この方法では、レッスン時間は短めで良いです。15分程度で十分でしょう。

というのも、自分が考えながら英語を話す時間が大部分を占めるため、非常に疲れます。短時間に限定すれば、集中力も維持できるし、安い料金で済ませられます。

以上のようなレッスンの進め方をするには、柔軟にリクエストに応じてくれるオンライン英会話サービスを選ぶ必要があります。

Cambly などは、短い時間のレッスンが設定可能なので、比較的使い勝手が良いです。

まとめ: オンライン英会話で効果を最大にする方法

オンライン英会話では、自分で英語で考えて発話する時間をできるだけ長くするのがポイントです。

英文記事を使うのがベストと考えます。特に「DMM英会話 デイリーニュース」は各記事に議論ポイントも書かれてあり、使いやすいです。

あわせて読みたい
TOEIC IPオンラインテストの受験記・対策のポイント TOEIC IPオンラインテストを初めて受験する人は、どんなテスト形式なのか勝手が分からないではないでしょうか。対策にも困ると思います。私も初回は迷いました。 この記...
この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次