読書×英語×旅で自己投資(※コンテンツは今後拡充します)

オンライン英会話の最適なレッスン方法

オンライン英会話

オンライン英会話を使っていて、「英語力が伸びていない」「時間を無駄にしている」と感じることはありませんか。

この記事では、私が試行錯誤した経験にもとづき、オンライン英会話の効果を最大化する方法についてご紹介します。

目次

オンライン英会話で重要なこと

オンライン英会話を続けていて効果を実感できない人は、方法に問題があるかもしれません。レッスンの方法を見直してください。

オンライン英会話で重要なのは「自分で考えながら話す時間を最大化すること」です。

逆に、そうではない時間、つまり、講師の発話を聞く時間や、テキスト音読は、短めにしましょう。これらは独学でできます。独学でできることは、独学で集中的にやるのが最も効率的でコスパも良いのです。

英語学習は独学がメインです。オンライン英会話は、「独学の補助」と位置づけて、独学では不可能な「生身の外国人相手の実践的な会話・議論」に注力しましょう。

では、具体的ににどうすればよいでしょうか。

私自身、当初はフリートークやオンライン英会話の公式教材の活用をいろいろ試みました。しかし、「英語で頭を使って話す」ができていないことに気づきました。

試行錯誤の結果、英文のニュース記事を活用するのがベストだと考えるに至りました。

英文記事を使う際、レッスンで次のように進めるのがおすすめです。

オンライン英会話での英文ニュース記事活用方法:

  1. 英文ニュース記事のURLをチャットで講師に送る。
  2. 記事の内容を自分で要約して説明する(音読はしない)。
  3. 記事の内容について講師と議論する。

このように進めれば、ほとんどの時間を「自分で英語で考えて、英語で話す」ことに使えます。

英文ニュース記事活用の例

DMM英会話 デイリーニュース」のようなサイトで関心ある記事を選べば、話すネタには困りません(フリーなので、どのオンライン英会話でも使用可)。

このサイトの場合、各記事の下のほうに、”Discussion”, “Further Discussion” として「議題」のネタが提示されています。「何を話したらよいか分からない」と迷う必要はありません。その分、「自分の考えを英語で話すこと」に集中できるのです。

この方法では、自分が考えながら英語を話す時間が大部分を占めるため、非常に疲れます。

集中力を維持するため、レッスン時間は短めで良いです。15分程度で十分でしょう。だらだらレッスンを受けても、無駄に課金されてコストパフォーマンスが悪いです。

オンライン英会話のサービスによって、レッスンの自由度が差があります。ぜひ、柔軟にリクエストに応じてくれる自由度の高いサービスを選んでください。Cambly などは、短い時間のレッスンが設定可能なので、使い勝手が良いです。

まとめ

オンライン英会話では、自分で英語で考えて自分の言葉で発話する時間を可能な限り長くするのがポイントです。話のネタとして、英文記事を使うのがベストです。特に「DMM英会話 デイリーニュース」は各記事に議論ポイントも書かれてあり、使いやすいです。早速試してみてください。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる