読書×英語×旅で自己投資(※コンテンツは今後拡充します)

会社員のキャリアに有利な資格・検定試験とは

資格検定試験

会社員なら、今後のキャリアを考えて、何らかの資格・検定試験を受けておこうと考えますよね。問題は、何を受けるべきかです。

この記事では、私の経験や、周囲の仕事関連の人から聞いた意見に基づいて、一般の会社員に有利な資格・検定試験の考え方をまとめます。

目次

資格・検定試験の考え方

まず初めに、重要な大前提を書いておきます。

一般の会社員が従事する業務では、関連する資格・検定はあまり意味がなく、その分野の実務経験が全て

という当たり前のことです。でも、これを忘れがちな人がいるため、強調しておきます。

ここで「一般の会社員が従事する業務では…」と書いたのは、弁護士・公認会計士など資格がないとできない仕事を除く、という意味です。

例えば、財務・会計の仕事に転職をしたい場合、簿記検定の取得はさほど意味を持ちません。それよりも、財務・会計の実務経験のある人が採用されるでしょう。

私自身の仕事に関して言えば、IT関連の仕事の場合、情報処理技術者試験などに合格するよりも、実務で実績を残すほうが評価されます。どんな資格・検定試験に合格していても、実務経験が足りなければ、能力があるとはみなされません。

特に、難度が低い検定試験は、その分野で仕事していれば「合格して当然」とみなされるため、価値がありません。

つまり、担当する業務内容に直接関わる資格・検定は、重要ではない場合が多いのです。

会社員に有利な資格・検定試験

では、一般の会社員はどんな資格・検定試験を受けたら良いでしょうか。

担当する業務内容とは少しずれた分野の資格・検定

が有利になりやすいです。業務の内容そのものではないが、業務に多少は関連するスキルが良いでしょう。

長期のキャリアを考えた場合、将来的に幅広く役に立つ可能性があり、また「向学心がある」と評価してもらえるものが良いです。

例えば、IT系など技術系の仕事の人の場合、次のような資格・検定試験が有用です。

  • 英検・TOEICなどの語学系
  • 日商簿記検定
  • 知的財産管理技能検定
  • 統計検定

技術系以外で、万人に有用なのは、英検・TOEICや簿記検定でしょう。

特にグローバルなキャリア形成を目指すなら、英検・TOEICは必須と思ってください。

上記以外は、個別の業種・職種により変わります。難度も参考にして決めていくと良いでしょう。

ただし、業務内容から大きくずれすぎると、評価されません。例えば、世界遺産検定などは、持っていても業務では役に立たないとみなされるでしょう。

私自身の例を書くと、業務内容はIT関連分野の研究開発(技術系)です。業務に関する検定試験としては、情報処理技術者試験にいくつか合格していますが、これはおそらく社内では評価されていないと思われます。一方で、英検1級や簿記2級も持っています。これらは、視野の広さをアピールすることに繋がりますし、国際業務、技術以外の事業系の業務をする上でも助けになっています。

皆さんも、長期的なキャリア形成を考えるならば、業務内容から少しずれた分野の資格・検定試験を考えてみることをおすすめします。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる