英語×読書×旅で自己投資(※当サイトは現在構築中です)

ビジネス・学術の本選びは「読書大全」など信頼できる本や記事を参照しよう

ビジネス書や学術書を選ぶ際、迷うことはありませんか。

本記事では、本選びで参考にすべきガイドについて説明します。

目次

ビジネス書・学術書を選ぶ際の参考資料・書籍

本選びに迷ったら、信頼できる読書ガイド等を参照してください。書籍や雑誌記事などが安心です。

その際、記事の信頼性には注意してください。著者・筆者の学問または組織のビジネスの経歴がしっかりしている人の意見を参考にしましょう。間違っても、経歴の怪しいSNSインフルエンサーなどの意見は参考にしないことです。

東洋経済などの経済誌の特集号などで、読書案内の記事が掲載されることがあります。こうした記事は参考になります。ただし、やや雑誌の売上を意識するあまり、分かりやすいメジャーな本に偏る傾向があります。

一般の書籍で、有識者がすすめる本を読むほうが失敗が少ないでしょう。雑誌と比べると「最新情報」が反映されないと思われるかもしれませんが、ビジネスや学術系の読書は、古典的名著を中心に考えるべきなので、書籍を参照して問題ありません。

「読書大全」(堀内勉/日経BP)は参考になり、勉強にもなる

特に読書ガイドとしておすすめしたいのは、「読書大全」(堀内勉/日経BP)です。本書の特徴は次のとおりです。

  • 書籍の紹介の前に、幅広い学問の体系とその歴史の説明に100ページ近くもの紙面を割いている。この部分が、後に紹介される書籍の位置づけの理解の助けになり、非常に勉強になる。
  • 古典的名著を中心に、200冊が紹介されている(リストには300冊あるが書評は200冊)。軽薄な自己啓発本は含まれない。なお、小説は対象外。
  • 著者は、大手金融機関等での重要な仕事を歴任し、読書経験を仕事に活かしていることも説明されており、バックグラウンドが信頼できる。
  • 経済、歴史、哲学、自然科学などの分野のバランスがとれている。

本書を通読するだけでも、「古典」に関する知識を整理できるため、勉強になります。私自身は、特に経済・哲学・宗教に関する学問的な歴史の知識整理に役立ちました。

一方、以下の点に注意が必要と考えています。

  • 科学技術に関する書籍の紹介が少なく、古典を重視しているため、最近の科学技術の進歩をカバーしていない。
  • 経済に関する書籍の紹介で、SDGsと関連させた説明が多く、著者の主観が反映されているように思われる。

まとめ:ビジネス書・学術書の選び方

ビジネスや学術系の書籍を選ぶ際は、「読書大全」のような書籍、経済誌の特集号、信頼できる複数の人(組織のビジネスで実績がある人)が共通して勧める本を選べば、失敗が少ないと考えられます。今後の本選びの参考になれば幸いです。

目次
閉じる