読書×英語×旅で自己投資(※コンテンツは今後拡充します)

ビジネス・学術系の本の選び方/「読書大全」の活用

本選び・読書大全

ビジネス書や学術書を選ぶ際、選択肢が多く過ぎて迷うことはありませんか。

この記事では、本選びで参考にすべき情報について考えてみます。また、「読書大全」(堀内勉/日経BP)の活用についてご紹介します。

目次

ビジネス書・学術書の選び方

私はこれまで多くの実用書を読んできました。「時間の無駄だった」と思う駄本・悪書も多くありました。その経験から、自分の直感を過信せず、信頼できる専門家の見解や読書ガイド等を参考にしたほうが良いと考えます。

<誰の意見を聞くべきか>

基本的には、複数の専門家・有識者の共通見解は、正しい可能性が高いです。特に、学問または組織のビジネスの経歴がしっかりしている人の意見を参考にしましょう。

間違っても、経歴の怪しいSNSインフルエンサーなどの意見は参考にしないことです。

<どのような文献を参考にすべきか>

失敗が少ない最善の方法は、専門家・有識者が書いた読書ガイド的な書籍を参考にすることでしょう。ただし、古い書籍の場合、雑誌のように「最新情報」が反映されない場合もあります。しかし、そもそもビジネス・学術書は古典的名著を中心に読むべきです。そのため、最新情報が反映されないことは、さほど問題にはなりません。

それでも、新刊の最新情報も気になる人は、雑誌の記事を補助的に参考にすれば良いでしょう。例えば、東洋経済などの経済誌では、定期的に読書の特集が組まれることがあります。ただし、記事の質にバラツキがあるので注意しましょう。

「読書大全」(堀内勉/日経BP)の活用

特に読書ガイドとしておすすめしたい書籍は、「読書大全」(堀内勉/日経BP) です。(参考:特集記事はこちら

本書の特徴は次のとおりです。

  • 冒頭で、学問の体系のその歴史の説明に100ページ近く割いている。これが書籍紹介の理解の助けになる。
  • 古典的名著を中心に、200冊が紹介されている(リストに300冊、書評は200冊)。
  • 著者は、大手金融機関等での重要な仕事を歴任し、読書経験を仕事に活かしている。バックグラウンドが信頼できる。
  • 経済、歴史、哲学、自然科学などの分野のバランスがとれている。

本書を通読するだけでも、学問体系や「古典」に関する知識を整理できます。

私自身かつては、経済・政治・哲学・宗教についての学問体系の知識が不十分でした。本書を読んで、古典の書籍と書籍の間の関連性、時代を超えた繋がりがイメージできるようになりました。下手な一般書籍を読むよりも勉強になったという実感があります。新たに読みたい本も増えました。

ただし、本書は以下の点に注意が必要だと感じました。

  • 科学技術に関する書籍の紹介が少ない。古典を重視しているため、最近の科学技術の進歩をカバーしていない。
  • 経済書の紹介で、SDGsと関連させた説明が目立つ。市場経済を過信すべきではない、という著者の考えが反映されている印象を受ける。

まとめ

ビジネスや学術系の書籍を選ぶ際は、書籍や経済誌の特集号、信頼できる専門家が共通して勧める本を選べば、失敗が少ないと考えられます。特に、「読書大全」は、本選びだけでなく、学問体系の知識の整理にも役立ちます。参考にしてみてください。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる