「社会人の英語学習」と関連分野 ~ キャリアと海外渡航・旅

理系の読書のすすめ ― 科学技術系の本は必読

科学技術の読書

読書好きな人の多くは、小説やビジネス書をよく読みますね。しかし、とくに文系の皆さんは、自然科学や技術に関する本を避けてしまってませんか。

自然科学系の知見が欠けていると、致命的な誤解や判断ミスを犯すリスクが高まります。また、教養に偏りが生じてしまいます。

この記事では、自然科学系の読書が必要である理由を掘り下げて整理した上で、本の選び方についてご紹介します。

目次

自然科学・技術系の読書が必要である理由

なぜ自然科学系の本を読むべきなのか。大きく分けて以下の3点があると考えます。

理由 1: 実社会を正しく理解して対処するため

近年は、環境エネルギーや新型コロナウィルスなど、社会に多大な影響を及ぼす問題で、科学技術が大きく関わっています。これらの問題に関して、メディアでトンチンカンな意見を述べる人や、エセ科学・陰謀論に基づくデマもよく見かけます。

こうしたウソ情報に惑わされないため、自然科学に関する本を読むなどして、科学のリテラシーを正しく身につけるべきです。自分の身を守るため、生きる力を身につけるためには、科学的見地から社会を正しく理解することが不可欠です。

理由 2: 仕事やキャリアに活用するため

私の周囲でも、ここ数年は、AI・機械学習・データサイエンスが分からないと仕事にならない、というケースが増えています。こうした新しい技術に適応できる知識・能力を身につけるには、根本的な数学的センスや科学に関する正しい知識が不可欠になります。

また現代社会では、ビジネスで成功するためには、IT関連を中心に、「技術」の理解を避けて通れません。

仕事のためには、気楽な読書だけでなく、関連する技術に関する専門書を読むことも求められます。「勉強」に近いかもしれません。

理由 3: 真に教養を深めるため

教養を深めるために、人文科学や社会科学だけを勉強しても、世の中の「表層」しか分かりません。例えば、人間の営みの本質を探ろうと、宗教や政治経済をいくら勉強しても、根源の理解には至りません。究極的には、「人間」の物理的な特性、つまり医学や生命科学の点から、ミクロの視点で理解する必要があります。

また、文明社会や企業経営などの議論にも、たいていの場合「科学技術」「技術革新」が関連してきます。

このように、他の学問分野を理解するためにも、科学技術に関する読書は避けて通れません。

科学系の本の選び方

雑誌の特集記事は、非常に参考になります。Newton(ニュートン) 2021年 9月号では、「科学 名著図鑑」として、必読の科学書100冊が紹介されています。私が読んだ本も多く取り上げられています。ここから選べば安心です。

>> Newton(ニュートン) 2021年 9月号 (→ Amazon)

科学への苦手意識がある人は、気楽に読める本から始めるのも良いでしょう。メジャーなところでは、講談社のブルーバックスシリーズから、気になったものを手当たり次第読んでみるのが良いでしょう。

>> 講談社 ブルーバックスシリーズ・売れ筋ランキング (→ Amazon)

教養としての科学史を知るためには、科学系の古典も読んでおきたいですね。「読書大全」(日経BP)には、科学系の本が、古典を中心に28冊紹介されています。下記の記事も参考にしてみてください。↓↓

あわせて読みたい
ビジネス書・学術書の選び方/「読書大全」の紹介 社会人の勉強やキャリアの追求に良質の読書は必要不可欠です。 例えば、キャリアに活かせる英語力、特に英文読解能力を上げるには、背景知識・教養が必須です。これを補...
この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次