社会人の英語学習・キャリア・海外渡航と旅について語ります

読書量を増やせば収入も必ず増えるという誤解

読書とキャリア収入

読書量を増やすとキャリアアップや年収アップに繋がる、という話をよく聞きます。果たして本当でしょうか?

この記事では、読書量とキャリアや収入との相関関係・因果関係について、調査結果を参考にしながら考察します。

誤った認識のもと、やみくもに読書量を増やしても無意味であることを明らかにします。

目次

読書量と年収との相関関係はあるが因果関係は不明確

まず結論から。

読書量と年収には相関があります。しかし、因果関係は不明確です。

順に説明します。

<読書量と収入の相関>

「収入が多い人は読書量も多い」という調査結果は複数あります。

最近のデータとして、こちらの記事を参照してください。

→ 参考記事(mynavi.jp) :「「読書量が多いと年収は高い」は本当か~過去調査との2時点比較で見る傾向~

この記事では、例えば、2021年の調査結果として、「1ヶ月に3冊以上」本を読む人の割合として、

年収300-500万: 13.7%

年収500-700万: 16.6%

年収700-1000万: 21.4%

年収1000-1500万: 15.9%

年収1500万以上: 30.8%

のようなデータが紹介されています。

「読書量」「収入」の間に、正の相関があると言えそうです。(詳しい分析は、統計学の専門家に委ねたいところです…)

<因果関係と相関関係は別>

しかし、上記の記事では読書量と収入の「因果関係」については明確に説明されていません。

他にも世の中の記事・論文等で、読書量と収入の因果関係を説明する文献を探してみましたが、見つかりません。

「読書量が多い」→「収入が多くなる」という因果関係が成立するとは断定できないのが実態でしょう。

逆に、「収入が多い」→「読書量が増える」という因果関係も分からないと言えます。

一般に、A、Bの間に相関関係があるとしても、因果関係は不明です。多くの場合、第三の因子(C)があり、「C →A」 と 「C→B」 が起こる場合、A, Bの間に相関関係が見られる、ということが多いです。これを A→B(またはB→A)の因果関係があると誤解されがちです。いわゆる疑似相関です。

本件の場合も、例えば仮に、

「知的水準が高い」→「好奇心旺盛」→「読書量が多い」

「知的水準が高い」→「スキルが高い」→「収入が多い」

が成立するとしたら、「読書量が多い」「収入が多い」の間に相関が生じることになります。

この場合、ただ単に読書量を増やしても収入は増えません。

収入を増やしたければ、知的水準を高め、スキルを高めることが必要となります。

実際には、さらに様々な要因が複雑に関連し合うはずです。

キャリアアップ・収入増につながる読書とは

とはいえ、間接的には、読書の「質」「量」が、キャリアアップ・収入増に影響する場合があることは容易に想像できます。

論理的に考えてみましょう。

収入増のためには、

(1) 仕事で成果を出し、評価される(昇給)

(2) 給与の高い仕事に就く(就職・転職)

のどちらかしかありません。

これらに結びつくための読書が必要となります。

私の経験上、昇給や就職・転職に有利になるという観点では、次のような読書が必要となるはず、と考えます。

キャリア・収入につながる読書:

  • ビジネス・技術等の実務に必要な知識を得る読書(→ 仕事への直接的な効果)
  • 思考力を飛躍的に高める読書 (→ 仕事への直接・間接の効果)
  • 教養を深化させる読書 (→ 仕事への間接的な効果、人脈など)

いずれも、専門性の高い本、高度な知見に繋がる本を読むことに相当します。読書というより「勉強」に近いかもしれません。

当然ながら、簡単なビジネス書や自己啓発本ばかり読んでいても、効果はありません。

「どんな本でも、読書さえすれば収入が上がる」というのは誤りです。

私がこれまで仕事で経験したことを振り返っても、読書がキャリアや収入にプラスに影響したという実感はあります。それは、専門書・学術書と格闘した経験が大きかったように思います。

キャリアに役立つ読書に関しては、当サイト内の「読書」のカテゴリーの記事もご参照ください。

まとめ

読書量と収入には正の相関はありますが、直接的な因果関係は不明確です。また、当然ながら、読む本の種類や難度が、キャリアップや収入に影響することは間違いありません。読書なら何でも良い、とは考えないでください。

あわせて読みたい
人生100年時代の必須スキルと勉強の方向性 人生100年時代を迎えると言われます。どんな時代になるのか、自分は生き残れるのか、不安になりますよね。私も不安です。 この記事では、今後の社会での生き残りに必要...
この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次